2017年3月12日日曜日

ヤッシャ・ホーレンシュタイン賛

最も過小評価されてきた巨匠、ヤッシャ・ホーレンシュタインについて
先日久しぶりに、Mahlerの交響曲第1番を聴きたくて、ホーレンシュタインのマーラー交響曲第1番L.S.Oをかけました。



初めてマーラーの交響曲第1番を買ったのは、エンジェル盤でパウル・クレツキー指揮のものだったような気がします。
そのジャケットのライナーノーツには、マーラーは日曜作曲家で指揮者の余技のとあり、明らかに、モーツァルトやベートーベンなどと同等の大作曲家とは見なされていませんでした。
それから40年以上時間が経ち、ブルックナーとマーラーはひょっとしたら、モーツァルトやベートーベンよりもしばしば演奏され、録音される時代となったようです。
これまで、クレツキー、ワルター、クレンペラー、バーンスタイン、クーべリック、ショルティ、ハイティンク、アッバード、マゼール、テンシュタット、ドホナーニ、etcを聴き続けて、何と無くマーラーがわかったような気になっていました。
しかし、ヤッシャ・ホーレンシュタインの演奏は、そんな思いを吹き飛ばしてくれます。
じっくりとしながら生き生きしたテンポ。
これまで聴き飛ばしていた各楽器の音達の全てに深い意味づけがなされて、
各モチーフやリズムが、かつて聴いたことがない響きを持ちます。
そして、激しいダイナミックスと鮮烈なカタスタロフィー。
何度聴いても、マーラーの交響曲第1番でこれ程感動することはありません。
マーラーは交響曲第1番に全てを持ち込み、ここから空前の交響曲作家となりました。
第1番は単なる出発点ではなく、マーラーの彼岸の先まで見通せるような作品だとホーレンシュタインに教えられます。
ホーレンシュタインのマーラーは、モノラルLP時代から既に欧州ではスペシャリストとして認知されていたようで、VOXで録音活動も行っています。
しかし、若かった私には、モノラル時代のホーレンシュタインの真価を全く理解できませんでした。



現在は、スタジオセッションの交響曲第3番と第4番があり、いづれもマーラーファンの間では極めて高い評価を受けています。



さらに、BBCのライブ録音シリーズでは、第6番、





第7番、




第8番、





第9番、




大地の歌が登場し、この巨匠のマーラー演奏の真価が広く知れ渡ることとなりました。




これらの放送録音におけるマーラー作品の演奏は、いずれもかつて他で聴いたことがない深い意味づけの解釈と巨大なダイナミックスに圧倒されます。
ヤッシャ・ホーレンシュタインは、私にとっては最高のマーラー指揮者の一人となりました。





さらに、BBCライブ録音では、ブルックナーの交響曲第5番、8番、9番も至高の演奏が発売されました。



このブルックナーもかつて聴いたことがない巨大な音楽で圧倒されます。
戦前の ベルリンフィルでフルトヴェングラーの助手を務め、ベルリンフィルにマーラーを指導した経歴を持つこんな巨人が何故、戦後、メジャーオーケストラの常任をつとめず、客演指揮者として生涯を終えたのでしょうか。
ユダヤ人としてナチスの迫害を逃れてアメリカへの亡命、戦後の苦難時代がそうさせてきたのでしょうか。
まだまだ、ホーレンシュタインの他の作曲家の演奏について語りたいのですが、この辺で。
とにかく、ホーレンシュタインの音楽を聴くためには、できる限りの大音量で聴くことをお勧めします。





2017年1月3日火曜日

尾田悟さん追悼 4 TENORS LIVE/Satoru Oda & 2016 FAREWELL Liveが、2016年12月29日Bflat赤坂で開催されました。


 参加してくれたミュージシャンは 三木俊雄(ts), 岡淳ts), 浜崎航(ts), 吉本章紘(ts), 守屋純子(p), 高瀬裕(b), 高橋徹(ds).




写真は左から、三木俊雄(ts)、浜崎航(ts)、岡 淳 (ts)、吉本章紘(ts)、高橋徹(ds)、守屋純子(p) 、高橋徹(ds)






   左から、守屋純子(p)、三木俊雄(ts)、浜崎航(ts)、高瀬 裕(b)、 吉本章紘(ts)

演奏ナンバーは、尾田悟さんが4テナーズでやるときのお気に入りのナンバーばかりです。







   岡 淳 (ts)と高橋徹(ds)、吉本章紘(ts)

浜崎航(ts)、岡 淳 (ts)、高橋徹(ds)

守屋純子(p) 、三木俊雄(ts)、浜崎航(ts)

岡 淳 (ts)、吉本章紘(ts)



特別ゲストの 薗田勉慶(tp)(園田健一とディキシーキングスのリーダー)と吉本章紘(ts)
曲は(Back Home Again in) Indianaで、ドナリーの原曲です。
ディキシーの名手、薗田勉慶(tp)は(Back Home Again in) Indianaを演奏し、吉本章紘(ts)はドナリーを演奏するという何とも贅沢なセッションです。圧巻の熱演でした。

高瀬 裕(b)




さらに、ゲストは尾田悟さんとたびたび競演した野村佳乃子(vo)
 
それぞれの音楽家と聴衆の尾田悟への思いが、会場を熱く包みこむようなライブとなりました。

2016年9月18日日曜日

Jinshi Ozaki special unit live at the Mobius

2016年9月17日、四谷Mobius で行われたJinshi Ozaki special unit live を聴いてきました。
Jinshi Ozaki は米国在住で、L.A.を中心に活躍しているギタリストです。 今回は帰国中の特別ライブです。 メンバーは、Jinshi Ozaki養父貴(g)森田晃平(b)松山修(d)というオールスター戦です。
スタンダードあり、ファンクナンバーありのグルーブ感満載のライブでした。 Jinshi Ozakiの、彼ならではのギターサウンドは圧巻でした。
養父貴(g)の素晴らしいバッキングと泣きを極めたソロ
BODY AND SOULでは、素晴らしいスタンダード解釈を見せたJinshi Ozaki
ハンコックの名作カメレオンでは、ワウワウを駆使して、バッキングにソロに大活躍の養父貴(g)。 森田晃平(b)松山修(d)という名手による圧倒的なグルーブがグループを支えます。 Jinshi Ozakiの実力を見せつけられた、あっという間の2ステージでしたが楽しさ満点の一夜でした。

2016年9月11日日曜日

尾田悟さんのご逝去

ジャズテナーサックスの巨匠、尾田悟さんが、さる9月5日都内でご逝去されました。 享年88歳。 謹んでご冥福をお祈りいたします。 二度の大病も持ち前の、海軍軍楽隊精神で乗り越えて、最後まで日本ジャズ界の最前線で活躍し、 後輩を引っ張って行かれました。 私は自由が丘のニューファイブスポットで、初めて尾田サウンドを聴いて以来40年聴き続けてきました。 まだ、尾田さん不在の実感がわかないので、心の整理もまったくついていません。 忙しさにかまけて、尾田さんと半年以上お会いしていなかったので、尚更です。 尾田夫人を前に、尾田さんのご仏前に手を合わせて、悔やむ事しきりです。 尾田さんは、ここ数ヶ月体調が思わしくなかったそうですが、先日の横須賀トモダチJAZZに出演依頼があり、とても張り切っていたそうです。 尾田夫人曰く、きっと軍楽隊出身の思いが、どうしても横須賀で演奏することにつながったのでしょう。 9月が近づく中で体調が大きく崩れ、周囲からは、出演は難しいとお止めもしたそうです。 しかし、尾田さんは、そんな声を背にして、直前まで、完璧な演奏を求めてリハーサルを行いましたが、 出演直前倒れられ、そのまま、9月5日に旅立たれました。 音楽に殉じたサムライ、尾田さんらしい生き様だったように思われてなりません。 尾田さんについては、もっと語るべき事が沢山あるのですが、心の整理がついてから、改めて、思いをまとめたいです。 長い間、いい音楽を聴かせてくださり、そして、親しくお付き合い頂いて、尾田さん本当にありがとうございました。 これからも、天上から、私達を見守ってください。

2016年4月10日日曜日

自宅のアナログの再出発

4月から、新たな生活が始まりました。 長年、新生活にはいったら、レコードプレーヤーを修理して新たなアナログ再生環境を整備して、 これまで溜まりに溜まったLPを聴き直そうと考えてきました。 まず、第一歩として、プレーヤーを名門「テクニカルブレーン」で、修理と調整をお願いしました。
ここで、完璧な状態に整備されてプレーヤーが戻って来ました。 次に、フォノイコの交換です。 驚くほど長い間、無故障だったコントロールアンプが、ここ数年、暖機運転しないとノイズが乗るのでした。 我が家には、コントロールアンプがあと2台あるのですが、どれも安定感に欠けます。 フォノイコは何を導入するか、悩みました。 アキュフェーズやエソテリック、ラックスなど信頼できるブランド製品は、50万円前後とちょっと躊躇する価格帯! 調べているところにLUXMANから、新型フォノアンプ E-250がお手軽な価格帯で登場。
入力2系統、MMとともにMCには2トランス対応とフル装備で、デザインも大変好ましいマシンです。 早速、3月末に注文したところ、4月中旬入荷とのことでした。 それが、今週到着。 早速開封して、接続。 まずは、JohnColtraneのColtrane、OliverNelsonのBlues And Abstract Truth、George Szell The Cleveland Orchestra のMozart Symphony No.40 などを聴いてみました。 どのレコードもこれまでに聴いたことが無いほど良い音色!! まず、感じたのは、ストレートな音。 十分にワイドレンジで、ノイズ感も少なく、何より安定して動作するアンプです。 カートリッジの特徴を良く引き出し、 レコードの録音の癖もよく分かります。 このフォノアンプには脱帽です。この価格でこの性能は素晴らしい。 その後、アナログの勢いは増し、オルトフォンのカートリッジ針圧計、電動スタイラスクリーナー「FLUX HIFI SONIC」も導入してしまいました。 しばらくは、50年代ジャズや、マーラー、ブルックナーなどの交響曲のレコードづけになりそうです。

2013年6月16日日曜日

三木俊雄(ts)クインテット ライブ with 黒田卓也(tp)

今宵は、お茶の水NARUで三木俊雄クインテット with 黒田卓也
メンバーは三木俊雄(ts) 大林武司(p) 坂崎拓也(b) 柴田亮(ds) 黒田卓也(tp)
三木俊雄(ts)以外は面識がありません。
多分初めて聴くミュージシャンだろう。
いかなる演奏になるのか、三木氏に尋ねると不適な笑みを浮かべて、黒田卓也(tp)と大林武司(p)はニューヨークで活躍中の素晴らしい音楽家で、 リズムセクションも素晴らしい面々だとのこと。
これは楽しみと思ってライブの幕開けを待ちました。




まさに、奇跡の一夜!!
驚いた!久しぶりに目の前に熱く溶け出したマグマが流れてくるような熱い演奏! 
黒田卓也(tp)の若い時のハーレルの様な圧倒的なソロ!
大林武司(p)のクリスタルサウンドと無限旋律の様に紡ぎ出されるソロ!
リーダーの三木俊雄(ts)の素晴らしい熱の入ったテナー!
坂崎拓也(b) 柴田亮(ds) のパワーとセンスに溢れる最高のリズムセクション!
こんな演奏を聴けたことは、嬉しい驚きでした。

ほとんど、メンバーのオリジナル曲ばかりのショウでしたが、どの曲も親しみやすく乗りやすい曲ばかりで
こんなところに三木俊雄(ts)のいつもの気づかいが現れて嬉しい。